自動翻訳で精度の高い英訳をするコツとお手本(機械の欠点の補い方&おすすめソフトDeepL)

コツ 自動翻訳 機械翻訳 AI翻訳 使い方 誤訳 使えない 日本語 英語 通訳 山下えりか 

 

 こんにちは、英語同時通訳者オンライン英語・通訳講師の山下えりかです。 

 

 以前私は世界最高齢プログラマーの若宮正子さんについて書いた記事で、Google翻訳についてお話ししました。機械翻訳の技術は日々進化していて、その精度は数年前とは比較できないほど高くなっています。

 

 とは言え未だに、「機械翻訳は人間なら絶対にしないミスをする」「機械翻訳がどんなに良くなっても、人間の言葉を100%正確に訳すのは無理」と言ったコメントをよく目にします。

 

 実際のところはどうなのでしょうか。今回の記事では私がIA搭載の機械翻訳や自動翻訳(主に日本語から英語)について考えていることを共有したいと思います。

 

おすすめ:「日本語で英語を書く」機械翻訳英訳講座

  

 

✔ 自動翻訳と機械翻訳の違い


 本題に入る前に、自動翻訳と機械翻訳それぞれの言葉の違いを見てみましょう。これら2つの言葉は日本ではまだあまり区別されていませんが、微妙な違いがあります。機械翻訳とは機械が言葉を別言語に翻訳する作業そのものを指します。その一方で自動翻訳は、音声認識、機械翻訳、音声出力までの一連の作業を指します。

 

 Google翻訳DeepL翻訳などのサービスは日本では「自動翻訳」と呼ばれることが多いですが、厳密にはこれらは「機械翻訳」です。

 

 日本では「自動翻訳」と呼ぶことが一般的になっているのでタイトルと冒頭の説明には「自動翻訳」を使いましたが、この記事では「機械翻訳」についてお話しします。

  

 

✔ 機械翻訳の強み


 まずは機械翻訳の強みを考えてみましょう。機械翻訳の強みは何と言ってもそのスピードと蓄積している情報量の多さです。

 

 機械翻訳は数万語をほんの数秒で別言語に変換できます。また使える単語の数やデータとして蓄えている知識の量も桁違いです。

 

 これらの点においては人間がどれだけ頑張っても機械翻訳には勝てません。

 

 

 

✔ 人間の強み


 その一方で人間には人間の強みがあります。それは例えば機械には理解できない言葉のニュアンスであったり、ひとつの言葉や表現に含まれる「言語化されていない内容」を読み取る力などです。

 

 これは確かに機械にはまだ難しく、機械翻訳が人間に及ばない部分です。しかし、これが正当な「機械翻訳が役に立たない理由」かと問われると、私はそうは思いません。

 

 

✔ 機械翻訳は人間なら絶対にしないミスをする


 機械翻訳について多く目にするコメントが、「機械翻訳は人間なら絶対にしないミスをする」です。この「人間なら絶対にしないミス」とはつまり、先ほど挙げたニュアンスや言語化されていない内容の読み取りができないという意味です。

 

 これは当然のことです。機械翻訳についてこれを欠陥として挙げるのはナンセンスです。なぜなら機械翻訳は人間ではないのですから。

 

 そして私はこの点を機械翻訳の欠陥として責めるのではなく、「人間が補強すべき点」と考えています。「機械翻訳が人間の言葉を読み取れない」と考えるのではなく、「機械翻訳が読み取れる言葉を人間が使えていない」と考えるべきです。

 

 つまり機械翻訳の精度を上げられるかどうかは、原文の精度や原文を書く人間の文章力にかかっていると言えるのです。

 

 

✔ 機械翻訳が人間の言葉を100%正確に訳すのは無理


 「機械翻訳がどんなに良くなっても、人間の言葉を100%正確に訳すのは無理」これもよく見るコメントです。

 

 私たち人間は、同じ言語を使う人間同士であっても理解不足や解釈の違いから相手の言ったことを100%正しく理解できないということがあります。人間が同じ言語でもできないことを機械にしてほしいなんて、それこそ機械に多くを求めすぎています。

 

 私はこれも使う人間側の問題だと捉えています。つまり自分の書いたことや言ったことが正しく訳されているかどうか、また自分の意図通りの文章になっているかどうかは、やはり最後は自分で確認して判断すべきなのです。

 

 

✔ 機械翻訳を良きパートナーとするために身につけるべきスキル


 それでは機械翻訳を自分の良きパートナーとするために、私たち人間が身につけるべきスキルとはどのようなものなのか考えてみましょう。私が考えるそれらのスキルは、以下の2つです。

 

1.機械翻訳が正確に理解できる文章を書くスキル

 

2.機械翻訳の訳文をチェックできるだけの英語力

 

 

✔ 機械翻訳が正確に理解できる文章を書くスキル


 私たちの母語である日本語は特に、主語がなくても通じたり、積極的に行間を読むことがコミュニケーションのベースとなっているなど、曖昧さが特徴の言語です。機械にその曖昧な言葉を理解して欲しいと思うのは間違いです。機械翻訳を使うのなら、元の文章からその曖昧さを徹底的に排除する必要があります。

 

 また元の文章を書くのに使用する言語は日本語であっても、英語を意識した論理を用いて文章を構成することで、より機械が英語にしやすい状態を作ることができます。

 

 機械翻訳に正確な訳をしてもらうために大切なのは、「論理的で曖昧さのない文章を書く力」なのです。

 

 

✔ 機械翻訳の訳文をチェックできるだけの英語の知識


 先ほども書いた通り、自分の書いたことや言ったことが正しく訳されているかどうか、また自分の意図通りの文章になっているかどうかは、最終的には自分で確認して判断すべきです。

 

 使われている単語や表現は適格か、文法は正しいか、自分が伝えたかったことが伝わる文章になっているかなどを正確に判断するためには、それを評価できるだけの英語力を身につけている必要があります。

 

 機械翻訳に関しては「機械翻訳があれば英語の勉強いらないでしょ」という意見もあるようですが、機械翻訳を正しく使うためにこそ、英語を学ぶことは必要です。

 

 

✔ おわりに


 「これだけ技術が進歩しても機械翻訳は期待するレベルに達していない」は人間の怠慢です。技術はこれだけ進歩しているのですからそれをいかに使うかを考え、それに必要な努力をすべきだと私は考えています。

 

 最後にこの記事を機械翻訳サービスのDeepLで翻訳した英文を載せておきます。確かに100%ではないかもしれませんが、このままここに載せても問題ないレベルの英文になっています。そしてこの翻訳にかかった時間はわずか5秒です。

 

 この素晴らしく便利な技術を最大限利用できるようになるため、日本語の勉強、英語の勉強、始めてみませんか?

 

 

 【追記】

「機械翻訳に適した日本語の書き方を学びたい」というリクエストをいただき、機械翻訳で正確な英訳をするための日本語の書き方が学べるオンライン講座を開講しました。こちらもぜひご活用ください。

 

 

※訳文には一切の手を加えていません。

 

Tips for accurate English translation with automatic translation (how to compensate for the shortcomings of the machine & recommended software: DeepL)


Hi, I'm Erika Yamashita, a simultaneous interpreter and English and interpreting instructor.

 

I talked about Google Translate in a previous article I wrote about Masako Wakamiya, the world's oldest programmer. Machine translation technology is evolving every day, and the accuracy of machine translation is far greater than it was a few years ago.

 

However, I still often see comments such as "Machine translation makes mistakes that no human would ever make" and "No matter how good machine translation is, it can't translate human words 100% accurately".

 

What is the reality of this? In this article, I'd like to share my thoughts on IA-equipped machine translation and automated translation (mainly Japanese to English).

 

✔ The difference between automatic translation and machine translation

 

Before we get to the main topic, let's take a look at the differences between automatic and machine translation. These two words are not yet well-differentiated in Japan, but there are subtle differences.

 

Machine translation refers to the process of translating a word into another language by a machine. Automated translation, on the other hand, refers to the whole process of speech recognition, machine translation, and speech output.

 

Services such as Google Translate and DeepL Translate are often referred to as "automatic translation" in Japan, but technically they are "machine translation".

 

In Japan, it's more common to call them "automatic translation", so I used "automatic translation" in the title and the introduction, but in this article I'm going to talk about "machine translation".

 

 

✔ The Advantages of Machine Translation

 

First, let's consider the strengths of machine translation. The biggest advantage of machine translation is its speed and the amount of information it can store.

 

Machine translation can convert tens of thousands of words into another language in a matter of seconds. The number of words and the amount of knowledge stored in the database are also extraordinary.

 

No matter how hard you try, you can't beat machine translation in these points.

 

 

✔ The Advantages of Humans

 

On the other hand, humans have human strengths. For example, there are nuances in words that machines can't understand, and the ability to read the "unspoken content" of a word or an expression.

 

This is certainly still difficult for machines, and is where machine translation falls short of humans. But if you ask me if this is a legitimate "reason why machine translation is useless", I don't think it is.

 

 

✔ Machine translation makes mistakes that a human would never make.

 

One of the most common comments I see about machine translation is "Machine translation makes mistakes that humans would never make". And by "mistakes that humans would never make", I mean that they can't read the nuances and non-verbalized content I mentioned earlier.

 

That's a given. This is not a flaw in machine translation, because machine translation is not a human being. Machine translation is not a human being.

 

And I don't blame machine translation for this flaw; I think it's something that should be reinforced by humans. Instead of thinking "machine translation can't read human words," we should think "humans can't use words that machine translation can read.

 

In other words, the accuracy of machine translation depends on the accuracy of the original text and the writing skills of the person who wrote the text.

 

 

✔ It is impossible for machine translation to translate human words 100% accurately.

 

This is another common comment: "No matter how good machine translation is, it will never be able to translate human words 100% accurately.

 

We humans may not be able to understand 100% of what other people say, even between people who use the same language, due to lack of understanding or differences in interpretation. To expect a machine to do something that a human being cannot do even in the same language is asking too much of a machine.

 

I see this as a problem on the part of the human user. At the end of the day, you should be the one who decides if what you wrote or said is translated correctly and if the text is as you intended it to be.

 

 

✔ The skills you need to learn to make machine translation a good partner

 

So let's consider what skills we humans need to develop in order to make machine translation our own good partner. In my opinion, those skills are the following two

 

1. the skill to write a text that machine translation can accurately understand

 

2. English proficiency to check the machine translation

 

 

✔ Skills to write text that can be accurately understood by machine translation

 

Our mother tongue, Japanese, is a language characterized by ambiguity, especially in that we can communicate without a subject and actively read between the lines, which is the basis of our communication. It's a mistake to expect a machine to understand that ambiguous language. If you are going to use machine translation, you need to remove all ambiguities from the original text.

 

And even if the language used to write the original text is Japanese, you can make it easier for the machine to translate it into English by constructing the text using English-conscious logic.

 

The key to getting an accurate translation is the ability to write a logical and unambiguous sentence.

 

 

✔ Knowledge of English enough to check the machine translation

 

As I mentioned earlier, you should ultimately judge for yourself whether what you have written and said has been translated correctly and whether the text is as you intended it to be.

 

In order to accurately judge whether the words and expressions used are appropriate, the grammar is correct, and the text conveys what you want to say, you must be able to evaluate it.

 

Some people say that you don't need to learn English to use machine translation, but to use machine translation correctly, you need to learn English.

 

 

✔ Conclusion

 

It's human negligence to say that machine translation hasn't reached the level we expect, even with all this technological advancement. In my opinion, since technology has advanced so much, we should think about how to use it and make the necessary efforts to do so.

 

Finally, I'll include an English translation of this article from the machine translation service DeepL It may not be 100% accurate, but it is a good enough English text to be published here as is. And the translation took only 5 seconds.

 

To get the most out of this wonderfully useful technology, why don't you start studying Japanese and English?

 

 

【追記】

「機械翻訳に適した日本語の書き方を学びたい」というリクエストをいただき、機械翻訳で正確な英訳をするための日本語の書き方が学べるオンライン講座を開講しました。こちらもぜひご活用ください。

 

山下えりか  通訳 勉強法 独学 自主練習 トレーニング 訓練 初心者 教材

【About Erika】

職業:英語同時通訳者(個人/フリーランス)

現住所:東京

留学歴:3年(アメリカ)

特技:柔道(初段)、ピアノ(弾き語り)

趣味:料理、お菓子作り、食器屋巡り

楽しみ:正月の箱根駅伝、2か月に1度の大相撲観戦(テレビ)、年に数回の柔道国際・国内大会テレビ観戦、年に数回のブロードウェイミュージカル日本公演、不定期の札幌旅行