【通訳練習教材】SDGs 2 Zero Hunger / 飢餓をゼロに(英語&日本語動画)

通訳 リテンション リプロダクション 練習 教材 SDGs Zero Hunger 飢餓をゼロに オンライン 通訳講座 山下えりか 

 

 こんにちは、英語同時通訳者オンライン英語・通訳講師の山下えりかです。

 

 毎月30日更新の通訳教材「訳して学ぶSDGs」、今回は目標2「Zero Hunger / 飢餓をゼロに」です。短文の逐次通訳やリテンション・リプロダクションの練習にご活用ください。

 

 

✔ 教材を作る理由とテーマ


 教材のテーマは以前『2030年に向けたみんなの目標SDGs (持続可能な開発目標)』の記事でも紹介した「SDGs(持続可能な開発目標)」です。現在私のオンライン通訳講座・英語講座でもSDGsを扱っていますが、まだまだその普及率と認知度が低いと感じています。そこで無料公開の英語&通訳教材という形で、SDGsの周知と啓発をしたいと考えました。

 

 

✔ なぜSDGsなのか


 SDGsは2030年、そしてその先の未来へ向けて、今を生きる国際人の必須教養です。SDGsの17の目標は通訳者を目指す人であれば絶対に知っておくべき様々な分野の幅広い知識が詰め込まれています。また通訳を目指していなくても英語で世界各国の人たちと仕事をする人にとっては、仕事のための背景知識として、教養として、仕事相手との話題として、様々な形で活用できる内容です。

 

 

✔ 教材の特徴


  • 「SDGsとは」と17目標の計18テーマの教材を日本語・英語の両言語で作成します。同じテーマを両言語で練習することで、語彙、表現、知識の定着と強化につながります。
  • 文章を一文ずつ区切り、読み上げの1.5倍のポーズ(リプロダクションまたは通訳のための時間)を入れてあります。原文と同じ言語で繰り返せばリテンション&リプロダクションの練習に、通訳をすれば短い逐次通訳の練習にご活用いただけます。
  • このシリーズで作成・掲載する教材動画は、国連または国連開発計画(UNDP)のサイトに掲載されているSDGsとそれぞれの目標についての基本情報で構成されています。動画はSDGsの周知、啓発、教育を目的とするもので、私のオンラインレッスンで使用している教材とは異なる内容です。

 

※ちなみに私のオンラインレッスンで使用しているSDGs教材では、より実践的な逐次通訳の練習ができるよう、10~30秒のポーションで区切った復習用動画を作成しています。こちらはオンライン通訳基礎講座のみの特典です。ご興味のある方は講座にお申込みください。

 

 

 

 

✔ こんな人に使って欲しい


  • SDGsについて聞いたことはあるまたは興味はあるけれどこれまで学ぶ機会がなかった人
  • 教養を身につけながら英語力や通訳技術を磨きたい人
  • 当オンライン英語・通訳講座の予習用教材として

 

 

✔ おすすめの使い方


  1. 日本語動画でリテンション&リプロダクション
  2. 英語動画でリテンション&リプロダクション
  3. 英語動画でメモ無し逐次通訳
  4. 日本語動画でメモ無し逐次通訳

 

 おすすめの使い方はこの順番です。

 

1.日本語動画でリテンション&リプロダクション

 

 まず内容の理解は母語の方がスムーズなので、日本語で最初にリプロダクションをすることで内容を把握し、知識を吸収します。

 

 

2.英語動画でリテンション&リプロダクション

 

 次に同じテーマの話を英語でリプロダクションすることで、日本語で得た知識の英語での表現や単語を習得します。

 

 

3.英語動画でメモ無し逐次通訳

 

 通訳の際に英→日が先なのは、アウトプット言語が母語の方が自信を持って訳せるからというのと、日→英をする際にどんな英語を使えば良いのかを先に確認しておくためです。

 

 

4.日本語動画でメモ無し逐次通訳

 

 最後に日→英の通訳をし、ここまでに習得したその教材に関連する英語の単語や表現を自分の言葉として使えるようになっているかの確認をします。

 

 

 話の区切りが一文ごとと短いので、リプロダクションも通訳もメモを取らずに練習しましょう。リテンションを鍛えることが通訳訓練の第一歩です。

 

 それぞれの動画の下にスクリプトがありますが、できるだけスクリプトには頼らず耳で情報を拾う訓練をしましょう。理想としてはスクリプトは最後の最後に確認のために使うのがおすすめです。

 

  

 

✔ Zero Hunger(英語)


 

【動画リンク】SDGs 2 Zero Hunger (YouTube)

 

 

【スクリプト】

 

The number of undernourished people has dropped by almost half in the past two decades because of rapid economic growth and increased agricultural productivity. 

 

Many developing countries that used to suffer from famine and hunger can now meet their nutritional needs. 

 

Central and East Asia, Latin America and the Caribbean have all made huge progress in eradicating extreme hunger.

 

Unfortunately, extreme hunger and malnutrition remain a huge barrier to development in many countries. 

 

There are 821 million people estimated to be chronically undernourished as of 2017, often as a direct consequence of environmental degradation, drought and biodiversity loss. 

 

Over 90 million children under five are dangerously underweight. 

 

Undernourishment and severe food insecurity appear to be increasing in almost all regions of Africa, as well as in South America.

 

The SDGs aim to end all forms of hunger and malnutrition by 2030, making sure all people–especially children–have sufficient and nutritious food all year. 

 

This involves promoting sustainable agricultural, supporting small-scale farmers and equal access to land, technology and markets. 

 

It also requires international cooperation to ensure investment in infrastructure and technology to improve agricultural productivity.

 

 

✔ 飢餓をゼロに(日本語)


 

【動画リンク】SDGs 2 飢餓をゼロに (YouTube)

 

【スクリプト】

 

過去20年間の経済の急成長と農業生産の拡大により、栄養不良の人の割合はほぼ半減しました。

 

かつては飢饉や飢餓に苦しんだ多くの開発途上国は、社会的に最も弱い人々の栄養ニーズを満たせるようになっています。

 

中央アジア、東アジア、中南米の各地域は、極度の飢餓撲滅に向けて大きな進捗を遂げています。

 

これらはいずれも、ミレニアム開発目標(MDGs)で定められた目標達成に向けた重要な成果です。

 

しかし残念ながら、極度の貧困と栄養不良は依然として、多くの国々の発展を妨げる大きな障害となっています。

 

2014年の時点で、主に環境破壊や干ばつ、生物多様性の損失の直接的結果として、7億9500万人が慢性的な栄養不良に陥っていると見られています。

 

また、9000万人を超える5歳未満児が低体重です。そしてアフリカでは、今でも4人に1人が飢餓が原因で亡くなっています。

 

持続可能な開発目標(SDGs)は、2030年までにあらゆる形態の飢餓と栄養不良に終止符を打ち、子どもや社会的弱者を始めとするすべての人が1年を通じて、栄養のある食料を十分に得られるようにすることを目指しています。

 

そのためには、小規模農家の生活と能力を向上させ、土地や技術、市場への平等なアクセスを確保することにより、持続可能な農業規範を推進しなければなりません。

 

また、国際協力によってインフラと技術への投資を確保し、農業生産性を改善することも必要です。

 

私たちは他のSDGsの目標も同時に達成することで、2030年までに飢餓に終止符を打つことができます。

 

飢餓をなくすことは、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。

 

複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

 

 

✔ おわりに


 この通訳練習教材動画が多くの人がSDGsを学ぶきっかけとなり、多くの人の英語学習・通訳訓練にご活用いただけたら嬉しいです。

 

 更にSDGsについて学びたい方、英語力や通訳スキルに関して詳細なフィードバックや指導を必要とされる方は、オンライン講座も併せてご活用ください。

 

コメントやご質問はお問い合わせページからお願いします。

 

同時通訳 逐次通訳 違い 山下えりか  通訳 勉強法 独学 自主練習 トレーニング 訓練 初心者 教材 課題 克服 英語 学習 リスニング スピーキング リテンション 記憶 短期記憶 コツ ディクテーション 英会話 TOEIC レベルチェック 通訳講座 オンライン サイマル レッスン シャドーイング メモ ノートテーキング